自宅ネイルサロンの開業に向けて

ネイリストは雇われの立場だけではなく、一人の経営者としてお店を起業するという働き方も可能となっています。
しかし、お店を開くうえで多額の負債を抱えるのは怖い、
自分一人でまったりとお店をやりたいと考えている人にとって、
都会のど真ん中にネイルサロンを構えるのは困難といえます。
そんなときに思い出していただきたいのが、自宅を活用したネイルサロンです。
今回は自宅ネイルサロンを開くための準備やコツについて詳しくご紹介します。

自宅ネイルサロンを開く前にやらなくてはいけないのが、ネイル技術の習得と経験です。
ネイルの技術については、ネイルスクールやネイル通信講座を活用すると良いでしょう。
通信講座もスクールもネイリストに必要な技術の習得には役立ちます。
ただし、定期的に学校に通えないときには通信講座の方が勉強を進めやすいのです。

スクールや通信講座でネイルに関する技能や資格を習得したら、実際にネイルサロンンで働いてみることをおすすめします。
ネイルサロンでの実務経験があった方が、自宅サロンを開業する際にも非常に有用なのです。
一切の現場経験がないままサロンを開いてしまうのは心情的にも不安ですし、
雇われの立場であれば先輩や上司からネイルサロンに関する様々な話を聞くことが出来ます。

そこで経営や接客に役立つ情報を収集しておくと、自分でサロンを開いたときにきっと役立つことでしょう。
特に注意しておきたいのが、クレーム対策や税金の納め方といったネイリストのスクールではなかなか教えてもらえない問題です。
こういった実務のトラブルに関しては、現場にいてその場に立ち会い、学んでいくことをおすすめします。

経験と自信を手に入れたら、いよいよ自宅サロンの開業です。
自宅サロンとは自宅の一部にネイルサロンのためのスペースを作ったものです。
とはいえ、ネイルサロンにおける施術は基本的なキットや道具があればどこでも行えますから、
お客に座ってもらうための上等な椅子や住居スペースと区切りを示すパーテーションを用意すると良いでしょう。

賃貸物件でこうした営業をする際には、大家や不動産業者の許可が必要なこともあるので、
その点はしっかりと確認しておいてください。
お店のコンセプトをしっかりと決めて、統一的な雰囲気でお客を迎えることも重要です。
お客はネイルサロンに少なからず非日常を求めているのであり、
そういった希望に沿ってインテリアやメニュー表を工夫しましょう。
宣伝に関してはSNSやホームページ、新聞の折り込みなどを使って
自宅近所の人たちに来てもらえるようにすることが最初の一歩といえます。

ネイルサロンを発展させるために

ネイリストとして経験を積んでくると、自分だけでなく周囲にも目を向けることが出来るようになります。
自分のスキルや知識に自信が付き、お客からの信頼も集まってきたネイリストの皆さんは、
お店の発展について考える段階に来ているのです。
そこで今回は、ネイリストが働くことの多いネイルサロンの業績を上げるためのコツについて詳しくご紹介します。

ネイルサロンは美容院や衣料品販売店と同様に、毎日のように訪れるようなお店ではありません。
良くても数週間に一度、お客によっては数カ月間ネイルサロンを利用しないでいる人も少なくないのです。
そういった客層において少しでも業績をアップさせるには、リピーターになってもらうことが何よりも大切といえます。

またこのお店に来たい、そこまでネイルは傷んでないけど、
新しいデザインがあったらあのお店で施術してもらおうかなと思ってもらえるようなネイルサロンは、
多くのリピーターによって業績をアップさせることが出来るでしょう。
リピーター獲得のために重要なのは、お客が快適に過ごせると思えるような雰囲気作りです。
そのためにはネイリストとお客の距離感を重視しましょう。

あまりにもネイリストの側がガツガツとお客に迫り過ぎると、お客の方が委縮してしまいます。
そうすると居心地の悪さを感じるばかりか、二度とこんなネイルサロンに来ないという決断を促すことになりかねません。
そのため、なるべくネイリストは聞き役に徹し、
お客に好きなように喋ってもらうような接客スタイルを徹底させると良いでしょう。
ネイルサロンの室内温度も非常に重要です。

ネイルサロンではジェルネイルが乾きやすいように冷暖房を効かせることもありますが、
それがあまりにも強すぎるとお客に不快感を与えてしまいます。
一日中ネイルサロンにいるネイルストにとっては快適でも、
外からやって来たお客にとっては深いとなるような室温や湿度の設定は止めましょう。

ネイリストの側もたまにお店の外に出て、お客の視点に立ってネイルサロンの冷暖房を調節することをおすすめします。
ネイルサロンの売上に直結するのが宣伝です。
お店の専用サイトをインターネット上に持つのは当たり前ですが、
それを多くの人に見てもらえるように、他サイトにリンクを貼ってもらうようにお願いすることも大切です。
ホームページは見やすいことを最優先にしながら、定期的に更新しましょう。
店員のネイルなどを公開するブログなどを併設すると、そのお店をより身近に感じることが出来ます。
ネイリストとして余裕が出てきたら、お店の業績を上向きにさせるための方策を考えるようにしておきましょう。

ネイリストの接客力

ネイリストという仕事に対する勘違いとしては、所望されたデザインを忠実に再現する無骨な職人や、
自由奔放なアーティストといったイメージが挙げられます。
ネイルアートを施すという仕事柄、確かに職人やアーティストの一面も絶対的に否定は出来ませんが、
それよりも大切なのはお客と向き合う自然な接客態度です。
むしろこの接客技術を持っているかどうかで、ネイルアートの仕上がりも大きく変わってきてしまいます。
そこで今回は、ネイリストにとって不可欠な要素でもある接客力について詳しく見ていきましょう。

ネイリストの接客とは、飲食店のように注文を厨房に届け、
お客に料理を配膳するのとはわけが違います。
もちろんネイルサロンにおいても施術メニューなどは用意されていますが、
あくまでもそれは料金料や基礎となるデザインであり、あとはお客とのカウンセリング中でイメージを形作っていくのです。
そこで大切なのは、お客がどんな目的でネイルをするのかを聞き出すことです。

カウンセリングでは事務的なやり取りだけがなされるわけではありません。
趣味は特技ときには愚痴に近いことまで話題にして、
お客の好みを少しでも知る努力をすることが、ネイリストにとっての良い接客なのです。
ネイリストのエゴだけでお客を飾るのは問題外であり、
押し付けに近い形で接客をしているとお客からの評判も落ちてしまいます。
あくまで主役はお客であり、ネイリストはお客が綺麗になるための
お手伝いをするのだという立場をわきまえながら、ネイルデザインを決定するための材料を聞き出し知恵きましょう。

また、お客から積極的にリクエストを受けた際に、テンポよく返せることもネイリストの接客においては重要です。
リクエストをもらった段階で長々と考え込み、お客を放置してしまうようなネイリストでは、お客に不安を与えてしまいます。
デザインが思いつかないときでも、話しながら思考を進めて、
イメージを捻っていくという技術もネイリストには必要なのです。

お客からのリクエストで困らないためにも、様々なシチュエーションに合わせた
ネイルデザインを普段から考えておくことをおすすめします。
フォーマルなパーティ向け、女子会などの女性が多い場面に合わせたもの、
オフィスカジュアルなファッションを引き立てるネイルチップなど、
自分の中で用意してある候補が多ければ判断も迷いませんし、それを組み合わせた応用も利くのです。
ネイリストの接客は経験の中で磨かれていくものですから、
臆することなくお客と接し、ネイリストに必要な接客スキルを着実に身に着けていきましょう。

ネイリストの仕事の流れ

ネイリストとして働きたいと思っていても、具体的な仕事の流れを知らずにいるのは不安ですよね。
働き始める前にどんな形で仕事をしていくのか知っていれば、しっかりと準備して臨むことが出来ます。
そこで今回は、ネイリストの職場として最もポピュラーな、
ネイルサロンで働く際の一日の仕事の流れについて詳しく見ていきましょう。

ネイルサロンでの業務において、出勤してから最初にやることはお店の清掃と道具などの準備です。
前日にも掃除や片付けはしていますが、出勤前はお客が気持ち良く過ごせるように
心を込めてお店の中を磨き、おもてなしの準備をするのです。
清掃をするのはお客が実際に座って施術を受けるスペースだけではありません。
手洗いや待合室など、お客の目に触れるところは全て綺麗にすることが重要なのです。

清潔感溢れる雰囲気こそがネイルサロンに求められているので、
それを保つためにも清掃は重要な仕事といえます。
清掃を終えたらその日のスケジュールを確認するためのミーティングに移ります。
予約のお客はいるのか、いるとしたらどのような施術を希望しているのかなどを事前にスタッフ同士で打ち合わせます。
お店の習慣目標や売り上げアップのための特別なサービスなど、
特記事項についての連絡も朝のミーティングで受けることが多いので覚えておきましょう。
ここまで終わったらいよいよ開店です。

店が開いてしまうと、スタッフ全員というよりも個人が考えて活動する時間の方が多くなります。
お客を案内して希望を聞き出し、それに見合ったネイルアートを施す。
ネイリストにとって最も大変であり、なおかつ楽しい時間がやってきます。
ときには気難しいお客がいるかもしれませんが、それも経験と思って笑顔で乗り切った方が、後々の自分の糧になることでしょう。

しかし、どうしても耐えられないお客の場合には、店長や先輩に話を通して替わってもらうということも重要です。
大抵のお店ではお昼の休憩を各人で取ることになります。
なぜかというと、施術時間はお客によって異なるので、
みんなが一斉に休憩を取ることはネイルサロンにおいて困難だからです。
こうして午後の施術も終えると、午後7時から8時くらいにはお店を閉めることになります。
ただし、営業時間はネイルサロンによって異なるのできちんと確認しておきましょう。

営業が終わったらその日の反省会や清掃という手順を踏み、一応は帰宅となります。
一応というのは、ネイルサロンによっては営業後の時間に研修を行い、
ネイリストの技術を向上させるための時間に充てているからです。
日々お客と向き合いながら自らの技術を高めていくネイリストの毎日を経験したいという人は、
資格取得や就職試験を突破出来るように努力を重ねましょう。

ネイリストに有益な情報や求人を紹介するウェブサイト NAILIST JOB【ネイリストジョブ】https://www.nailist-jobs.jp/

ネイリストが働く場所

ネイリストという仕事を思い浮かべたとき、皆さんはどんな職場で活躍する姿をイメージするでしょうか?
多くの方がネイルサロンでお客相手に施術しているネイリストを想像されることでしょう。
確かにそれもネイリストの働く姿ではありますが、
実際のところネイリストはネイルサロン以外の場所でも働いているのです。
そこで今回は、ネイリストがどのような職場で働いているのかについて詳しく見ていきましょう。

ネイルサロン以外の職場としては、美容系の複合施設で腕を振るうネイリストの姿をよく見かけます。
美容系の複合施設とは、その名の通り様々な美の専門家たちが集うスペースのことです。
ヘアケアからエステ、マッサージにネイルケアなど
美容に関わるケアを一つの建物で受けられるので、美のトータルケアに力を入れたいという人から支持されています。

働くネイリストの視点からすると、ネイルサロンとの大きな違いは
ネイル以外の美の知識についても自然に詳しくなっていくことです。
こうした複合的な施設では、ネイル最優先に物事を考えるわけにはいきません。
ヘアスタイルやファッション、お客のスタイルなどを総合してうえで、
トータルコーディネートを引き立たせるようなネイルケアが求められるのです。
ネイルサロンでの施術においては、良くも悪くもネイルだけを見つめて施術をすることが出来ます。

しかし美容の複合施設においてネイルアートの独りよがりな行為は許されず、
ときには控えめなデザインで個性よりも強調性を重視させることもあるのです。
こういったバランス感覚を養いながら、ヘアケアやファッション、
ボディケアに関する知識を蓄えていけることが、美の複合施設で働くメリットといえます。
複合する美の分野は様々です。

もしもこうした美の複合施設で働きたいと考えている人は、
自分が興味のある分野と手を組んでいる施設に応募してみると良いでしょう。
ネイリストの仕事は煌びやかネイルアートだけではありません。
爪の健康を維持するためのネイルケアもまた、ネイリストには欠かせない素養として要求されます。

ネイルケアが得意というネイリストの方は、温泉などの休憩施設でネイルケアを施すという形で働くのも一つの手段です。
温泉などの施設で働くネイリストは、ネイルアートよりもネイルケアに力を入れることになります。
もしくは、温泉などに入る前にネイルアートをオフしたいというお客に要望に応えることもあるのです。
ネイルサロンでの仕事よりもネイルアートを施す機会は少なくなりますが、
お客とゆっくり語らいながら仕事をしていきたいという人にはおすすめです。