自宅ネイルサロンの開業に向けて

ネイリストは雇われの立場だけではなく、一人の経営者としてお店を起業するという働き方も可能となっています。
しかし、お店を開くうえで多額の負債を抱えるのは怖い、
自分一人でまったりとお店をやりたいと考えている人にとって、
都会のど真ん中にネイルサロンを構えるのは困難といえます。
そんなときに思い出していただきたいのが、自宅を活用したネイルサロンです。
今回は自宅ネイルサロンを開くための準備やコツについて詳しくご紹介します。

自宅ネイルサロンを開く前にやらなくてはいけないのが、ネイル技術の習得と経験です。
ネイルの技術については、ネイルスクールやネイル通信講座を活用すると良いでしょう。
通信講座もスクールもネイリストに必要な技術の習得には役立ちます。
ただし、定期的に学校に通えないときには通信講座の方が勉強を進めやすいのです。

スクールや通信講座でネイルに関する技能や資格を習得したら、実際にネイルサロンンで働いてみることをおすすめします。
ネイルサロンでの実務経験があった方が、自宅サロンを開業する際にも非常に有用なのです。
一切の現場経験がないままサロンを開いてしまうのは心情的にも不安ですし、
雇われの立場であれば先輩や上司からネイルサロンに関する様々な話を聞くことが出来ます。

そこで経営や接客に役立つ情報を収集しておくと、自分でサロンを開いたときにきっと役立つことでしょう。
特に注意しておきたいのが、クレーム対策や税金の納め方といったネイリストのスクールではなかなか教えてもらえない問題です。
こういった実務のトラブルに関しては、現場にいてその場に立ち会い、学んでいくことをおすすめします。

経験と自信を手に入れたら、いよいよ自宅サロンの開業です。
自宅サロンとは自宅の一部にネイルサロンのためのスペースを作ったものです。
とはいえ、ネイルサロンにおける施術は基本的なキットや道具があればどこでも行えますから、
お客に座ってもらうための上等な椅子や住居スペースと区切りを示すパーテーションを用意すると良いでしょう。

賃貸物件でこうした営業をする際には、大家や不動産業者の許可が必要なこともあるので、
その点はしっかりと確認しておいてください。
お店のコンセプトをしっかりと決めて、統一的な雰囲気でお客を迎えることも重要です。
お客はネイルサロンに少なからず非日常を求めているのであり、
そういった希望に沿ってインテリアやメニュー表を工夫しましょう。
宣伝に関してはSNSやホームページ、新聞の折り込みなどを使って
自宅近所の人たちに来てもらえるようにすることが最初の一歩といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA