ネイルサロンを発展させるために

ネイリストとして経験を積んでくると、自分だけでなく周囲にも目を向けることが出来るようになります。
自分のスキルや知識に自信が付き、お客からの信頼も集まってきたネイリストの皆さんは、
お店の発展について考える段階に来ているのです。
そこで今回は、ネイリストが働くことの多いネイルサロンの業績を上げるためのコツについて詳しくご紹介します。

ネイルサロンは美容院や衣料品販売店と同様に、毎日のように訪れるようなお店ではありません。
良くても数週間に一度、お客によっては数カ月間ネイルサロンを利用しないでいる人も少なくないのです。
そういった客層において少しでも業績をアップさせるには、リピーターになってもらうことが何よりも大切といえます。

またこのお店に来たい、そこまでネイルは傷んでないけど、
新しいデザインがあったらあのお店で施術してもらおうかなと思ってもらえるようなネイルサロンは、
多くのリピーターによって業績をアップさせることが出来るでしょう。
リピーター獲得のために重要なのは、お客が快適に過ごせると思えるような雰囲気作りです。
そのためにはネイリストとお客の距離感を重視しましょう。

あまりにもネイリストの側がガツガツとお客に迫り過ぎると、お客の方が委縮してしまいます。
そうすると居心地の悪さを感じるばかりか、二度とこんなネイルサロンに来ないという決断を促すことになりかねません。
そのため、なるべくネイリストは聞き役に徹し、
お客に好きなように喋ってもらうような接客スタイルを徹底させると良いでしょう。
ネイルサロンの室内温度も非常に重要です。

ネイルサロンではジェルネイルが乾きやすいように冷暖房を効かせることもありますが、
それがあまりにも強すぎるとお客に不快感を与えてしまいます。
一日中ネイルサロンにいるネイルストにとっては快適でも、
外からやって来たお客にとっては深いとなるような室温や湿度の設定は止めましょう。

ネイリストの側もたまにお店の外に出て、お客の視点に立ってネイルサロンの冷暖房を調節することをおすすめします。
ネイルサロンの売上に直結するのが宣伝です。
お店の専用サイトをインターネット上に持つのは当たり前ですが、
それを多くの人に見てもらえるように、他サイトにリンクを貼ってもらうようにお願いすることも大切です。
ホームページは見やすいことを最優先にしながら、定期的に更新しましょう。
店員のネイルなどを公開するブログなどを併設すると、そのお店をより身近に感じることが出来ます。
ネイリストとして余裕が出てきたら、お店の業績を上向きにさせるための方策を考えるようにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA